ヘアカラーの種類と特徴

ヘアカラーには、ヘアダイ、ヘアマニキュア、ヘアカラーリンスがあります。それぞれ特徴がありますので解説します。
ヘアダイは、髪を脱色しながら染めるものです。脱色のみのものをブリーチといいます。白髪染めとおしゃれ染めがあります。色が長持ちするの特徴です。体質によっては皮膚炎を起こす可能性がありますので、使用前にはバッチテストが必要です。
ヘアマニキュアは、髪を脱色しないで髪の表面に染料を吸着浸透させます。こちらも白髪染めとおしゃれ染めがあります。特徴としては、バッチテストは必要ありませんが、シャンプーするたびに徐々に色落ちしてきます。1か月ほどで元に戻ってしまいます。
またヘアカラーリンスは、リンスに若干の染料が入っており薄らと染めるものです。主に白髪染めに使用されています。こちらは使用をやめると色が徐々に落ちてきます。

ヘアカラーの選び方

ヘアカラーはご自分の肌と瞳の色にあったものを選ぶことが大切です。
肌がピンクベージュ系の方は赤みの入ったロゼ系/ウォーム系/ナチュラル系ブラウンが、オークル系の方は赤みが抑えられたナチュラル系/ゴールド系/グリーン系ブラウンが似合う色になります。
また瞳の色が明るい方は明るめの色を、暗い方は暗めの色を選ぶとよいでしょう。
明るさで選ぶのであれば、落ち着いて印象に仕上げたい方や白髪をしっかりカバーしたい方は暗めの色を、全体を明るく軽やかな印象に仕上げたい方は、明るめの色を選ぶとよいでしょう。
髪質によって仕上がりの色に多少の違いが出てきます。髪質が太くて硬い方は仕上がりの色に赤みが出やすいようです。
また髪質が細くてやわらかい方は仕上がりの色に黄色みが出やすいので、ヘアカラーの色を決めるときは注意が必要です。

ヘアカラーの種類と選び方